イベリア調査2日目:セビーリャ

カディスには海事博物館はなかったのですが、「海図博物館」はありました。しかしこれは工事中で閉館中。
地方都市の小さな博物館は、インターネット情報もほとんどなく、現地に行ってから地元の人に聞くしか方法がない場合があります。
数年前にビスケー湾沿岸の捕鯨関連施設の調査で、別の科研グループのコーディネーターとして同行しましたが、現地に行くと、博物館以外にも街の紋章にクジラが使われたものが多数あったり、ちょっとしたレストランにも捕鯨用具が飾られていたり、バスクと捕鯨の関わりが体感できました。やはりフィールド調査は大事ですね。

さて今回の旅の重要な目的地セビーリャでは、インディアス文書館に事前から連絡をとっていたおかげで、かなりVIP待遇にしていただけました。
ですが、すでに画像データがネット公開されている史料は、実見できないとのことで、家康や秀忠のレルマ公宛朱印状などは見ることができませんでした。

スペインの国立文書館は、かなりデータベース化が進んでおりまして、インディアスをはじめシマンカスやマドリッド国立文書館の文書はあらかたデータベース化され、インディアスのものに関しては、かなりの部分の画像データがネット上で公開されています。詳しくはこちらから

館員の方に、館内を丁寧にご案内いただき(インディアスには、昔通ったのですが、こんな扱いされたことないよ)、ちょうど特別展示「世界の海賊」があり、主にカリブの海賊中心に、貴重な史料展示を見ることができました。

e0210741_1133038.jpg


その後、事前に予約していた、マニラ=中国関係の漢籍と明代の古地図を見せていただきました。漢籍は18世紀に作成された、ミッション関係のものが多かったのですが、その中におそらく宣教師の使用人としてマニラへ行った華人の本国家族宛書簡なども紛れていて、非常に興味深かったです。
全体の調査報告は、九州大学の紀要にまとめられる予定です。

私の注目はコチラ。これは新大陸などから銀を入れてヨーロッパへ持ち運ぶための複雑な錠前構造を持った箱です。ほとんど同じものを、ハプスブルグ朝スペインの財政を支えたイタリアのジェノヴァの海事博物館で見ました。「スペイン帝国の世界的繁栄」というのは、実質的にはレパント貿易から撤退したジェノヴァなどからの資本投下と改宗ユダヤ人商人の経済活動に支えられたものであったというのは、日本ではあまり知られていませんね。
e0210741_1193441.jpg

[PR]
by mihokodesousa1 | 2010-12-21 11:11 | 研究の旅

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など