あけましておめでとうございます

イベリア出張から帰って、頭の中が日本へなかなか戻らないままに、今年3月刊行の『イエズス会日本書翰集』3巻の再校校正にかかりきりになり、一応年末に作業を終えました。
そして昨日、ユーラシア科研での研究報告だったので、お正月も研究モードをオフにできないまま、オン/オフ切り替えが得意な私としては、若干キショクノワルイ年明けを迎えました。

昨日、報告は無事に終わったので、かなり緊張が緩みました。今回は自分の守備範囲を超えて、20世紀までのマカエンセ(ポルトガル系マカオ人)の経済活動の報告をしましたが、なかなかの手ごたえをえました。
でも中国近代史があまり勉強できていなくて、誤認識&誤記があったことを、後で指摘いただきました。
これが付け焼刃の怖いところですね・・・。

マカエンセの経済活動自体にはかなり興味を持っていただけましたが、全体議論が商売の構造に集中し、仲買人の役割や投資などの話になり、南蛮貿易のなかでのそういう話は出来るのですが、もっと後の時代のマカエンセの清朝の交易システムのなかでの、商売仕法などはまだよく分かっていなくて、あまり議論に参加できなかったことが残念です。
一応、南蛮貿易の出資構造は、11月に出た本の中で2章分使って書いております。

本の売れ行きはそこそこ良いようで、東大出版会のHPでは、早くも「在庫僅少」になっております。これは本当に購入してくださった方が多くてこうなってるいるのか、あまりにも売れないために出版会が「釣り」で書いているのか分かりません・・・。
売れても印税が入るわけではないのですが、できるだけ多くの方に読んでいただけたらいいなぁと思っております。

マカエンセの報告が好評だったので、このままアジアの土着ポルトガル系のコミュニティの研究をもっと進めたいのですが、今年は末次平蔵を主人公にした17世紀初頭の東アジアの海の話を本にしなければならないので、しばらく細々とサブ的に研究していこうと思っています。

今年前半は、3月に貨幣博物館での講演、5月に東方学会の「東南アジア交易史!」のパネルでの報告と、比較的ゆるやかな活動予定です。
中国での会議にもひとつ呼んでいただいてますが、これは本当は昨年にやるといっていたもので、今年3月あたりに仕切り直しになったのですが、その後情報も送られてきてないし、本当にあるのかな~という感じです。
中国は動き出すと早いですが、何かと事前交渉に時間がかかるようですね。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2011-01-10 00:05

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など


by mihokodesousa1
プロフィールを見る
画像一覧