5月のシンポジウム

久しぶりの更新です。といっても宣伝です。
震災以来、かなり内向きな生活をしています。クリエイティブな力が湧いてこないのです。

5月の東方学会のシンポジウムで報告いたします。英語のセッションですが、翌日立教大学で、同じ内容の会議を日本語でします。
パネル参加者は、日本のアジア史を牽引している有名どころなので、同席するのは恐縮・・・。
震災の後、なかなか頭が元に戻らないので、とりあえず報告はあまり新しいものではなく、今まで何度か国際学会で報告してきた「なげがね」の話です。

立教大学アジア地域研究所ホームページ


第56回国際東方学者会議

東南アジア港市国家論 (Port States in Southeast Asia)

Chairperson: HIROSUE Masashi 弘末雅士, Professor at Rikkyo University

10:30-10:45 Introductory Remarks by HIROSUE Masashi
10:45-11:45 Dhiravat NA POMBEJRA (Thailand): Osoet Revisited: Women and Trading
         Networks in Mid-Seventeenth Century Ayutthaya (オスト再考――17世
         紀中葉のアユタヤにおける女性と交易ネットワーク) (in English)
lunch time 13:00-13:40
ŌTA Atsushi 太田淳 (Japan): Disconnection and Redirection: Port and Rural Society
          in Banten and Batavia, c. 1740-1800 (流動する関係――1740-1800年
         頃のバンテンとバタヴィアにおける港と地方社会) (in English)
13:40-14:20 OKA Mihoko 岡美穂子 (Japan): Changes in Trade Investments in Maritime
          Asia from the 16th to 17th Centuries (16世紀~17世紀の海域アジアに
          おける貿易投資の変遷) (in English)
14:20-15:00 TOMITA Aki 冨田暁 (Japan): West Borneo in the “Age of Development”
          and Its Port States: The Founding of Pontianak and Maritime Southeast
          Asia in the Late Early Modern Era (「開発の時代」の西ボルネオと港市
          国家――ポンティアナックの成立と近世後期東南アジア海域世界) (in
          English)
coffee break
15:15-15:35 Comment by SHIMADA Ryūto 島田竜登, Associate Professor at Seinan
         Gakuin University
15:35-15:55 Comment by SUZUKI Tsuneyuki 鈴木恒之, Professor at Tokyo Woman’s
         Christian University
16:00-17:00 Discussion
[PR]
by mihokodesousa1 | 2011-04-21 16:49

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など


by mihokodesousa1
プロフィールを見る
画像一覧