日本はポルトガルになるのか?

たまたま、今の日本の状況と、250年前のリスボン大地震後のポルトガルを比較して、日本ももうポルトガルのように復活できないのではと言っている記事を見つけました。

記事はこちら

なるほどと思う面もありつつ、日本とポルトガルで決定的に違うはずの歴史と国民性を、ここでインタビューされている研究者がまったく言及していないのが気になりました。

大航海時代のリスボンはヨーロッパ外の商品がまず最初に荷降ろしされる港として栄えましたが、国自体が、イメージされているように大繁栄したわけではありません。
むしろ優秀な人材や資本が海外へ流出してしまったので、16世紀以降衰退がはじまり、17世紀以降は完全に斜陽に陥ったといえます。
地震が起こった18世紀中頃は、日本とは比べ物にならないほどの、社会的停滞期でした。ただ日本と違うのは、その後、ポンバル侯爵という偉大な宰相が政治改革を含め、社会変革を推進し、その後ナポレオン軍の侵攻を受けつつも、高い文化レベルの国風を20世紀初頭まで維持していたということです。
ポルトガルは、地震のあと、そのまま今の経済危機につながるような停滞に陥ったわけではなく、むしろいったんは復活したといえるはずです。
「ポルトガル人がすっかりおとなしくなってしまったのは地震のせい」などと想像の行き過ぎた記述をしているのは、インタビューに答えている人ではなくて、記者の思い込みだと信じたいですが、ポルトガルでは20世紀中葉から1974年まで独裁政権が支配し、秘密警察が跋扈し、隣人が隣人を告発しあう社会が半世紀近く続いたことが、今の「おとなしい」ポルトガル人像を作ったことは明白です。
この「おとなしい」の裏には、「目立つ人間を徹底的につぶす」社会的心理があると、私は思っています。旅行者のほとんどは、ポルトガル人を純朴な人々と感じるようですが、少なくともその国の歴史や社会を研究している研究者は、もっと社会の深層を読み取る必要があるのではないでしょうか。

ちなみに現在のポルトガルの経済危機は、独裁政権時代から存在したニューブルジョワジー層が、自らの利益だけを追求し、経済循環をより良くするための、何の努力もしてこなかったことが原因だと思っています。
ポルトガルの経済危機は、産業が乏しいこともありますが、独裁政権時代から引きずっている社会的特性が大きな要因のひとつですから、日本よりも立ち直るのは難しいのではないかと、個人的には思っています。EUの資金援助が出れば、またそこに依存して、自分たちで立て直す手段の模索も怠ることでしょう。

そんな中でも、首相ソクラテスは、日本の現総理大臣よりも、ずっと有能で勇敢だと感じます。でももし私が首相を任命できるなら、レアル・マドリッドの監督モウリーニョを推薦したい!
[PR]
by mihokodesousa1 | 2011-05-02 00:18

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など