貿易陶磁研究会

夏休みは、外海地方のキリシタン布教の論文執筆以外は、ほとんど何もせずに終わりました。
キリシタン史の方は、実はあまり熱心にやってこなかったのですが、現存するカクレキリシタンの調査を出発点にすると、16・17世紀の布教にもなかなか面白いものが見えてきました。
この論文は民博の「キリスト教文明とナショナリズム」という共同研究の成果として、来春刊行される予定です。

9月は長崎・平戸出張が1回、月末に大分出張が1回です。平戸では現在長崎県が推進中の世界遺産登録プロジェクト関連の会議に出席します。
大分では、貿易陶磁研究会で報告。私は陶磁器のことは専門外なので、南蛮貿易のアウトラインを示す役割を期待されているのだと思います。
他の方の報告を聞くのが楽しみです。

                  記
日時 2011年9月24日(土)10時~12時;13時30分~17時20分、
        25(日) 9時~15時
場所 大分県立芸術文化短期大学 大講義室(下記参照)

9月24日(土)豊後府内遺跡 現地見学会(約2時間)
集合時間:10時    
集合場所:大友氏遺跡体験学習館 (別添の地図をご参照下さい。)
住所: 大分市大字大分4257番地の1 Tel: 097-544-5011
JR大分駅より徒歩30分
大分バス  元町・富岡・滝尾循環 元町経由古国府循環 東元町下車 徒歩3分

13:00開場 13:30発表開始  大分県立芸術文化短期大学 大講義室

1 南蛮貿易のルートと移動商品   岡 美穂子(東京大学史料編纂所)
2 豊後府内の対外交流とその周辺      坂本 嘉弘(大分県教育庁埋蔵文化財
センター)
3 戦国大名大友氏と「南蛮」国   鹿毛 敏夫(新居浜工業高等専門学校)  
4 豊後(大友)府内城下町出土の華南三彩陶  木村幾多郎(九州考古学会) 
5 豊後府内出土の貿易陶磁-実物資料の紹介をかねて-
                  吉 田 寛(大分県教育庁埋蔵文化財センタ
ー)
  
9月25日(日)
1 琉球貿易と朱印船貿易に伴う貿易陶磁器
-堺環濠都市遺跡から出土した貯蔵容器を中心に-
         續 伸一郎(堺市博物館)
2 九州西岸の東南アジア陶磁と華南三彩
      川口 洋平(長崎県世界遺産登録推進室) 中 山 圭(天草
市教育委員会)
3 陶磁器からみた琉球の南海貿易 -東南アジア産陶磁器・華南三彩を中心に-
                  新 垣 力(沖縄県立埋蔵文化財センター)
4 タイ陶磁器流通における豊後府内、南蛮貿易の位置づけ
                  向 井 亙(金沢大学 国際文化資源学研究セ
ンター) 
5 ベトナム陶磁史における大分県出土ベトナム陶磁の位置づけ
                  西野 範子(金沢大学 国際文化資源学研究セ
ンター)
6 華南三彩の研究-現状と課題
森 達 也(愛知県陶磁資料館)  
7 全体討論 司会(関 周一・他未定)
[PR]
by mihokodesousa1 | 2011-09-01 14:58

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など


by mihokodesousa1
プロフィールを見る
画像一覧