ポルトガルと日本と奴隷

私の専門は日本=ポルトガル交流史ではありませんが、使う史料がポルトガル語のものが多いので、そう思われている方もかなりいるような。

本日、グーグルで「ポルトガル 日本」と検索ワードに入れたら、候補で「ポルトガル 日本 奴隷」というのがありました。
「ポルトガル人が戦国時代の日本で奴隷を購入して、海外に連れ出した」というのは、ネット上ではセンセーショナルな話題になりがちですが、当時の国内・国外状況を考えると、必然的結果なので、「イベリア暗黒帝国が日本人を連れ去る」というイメージで語る必要はないと思います。
日本国内でいう「年季奉公」「下人」「従者」などは、世界史的には「奴隷」のカテゴリーです。
時代劇などでも娘が遊郭に売られる話はお決まりですが、これも「債務奴隷」の一種です。
東南アジア島嶼部では、大陸部から食料品を輸入する代わりに、たくさんの「奴隷」が運ばれていきました。
ポルトガル人はアジアで二束三文で人身売買に関わるのは慣れていましたし、日本でも日本人の「人買い」が売りに来るので、まぁ安いし買うかという感覚だったようです。
もちろん人身売買が非人道的なことであるには違いないのですが、人間が文明を持って以来、「奴隷」的身分の人々が存在しなかった地域・時代はないと思っています。
ポルトガル人の「人身売買」の歴史的事実が騒がれすぎてしまうのは、同時代の南蛮貿易が宣教師と表裏一体という認識がある程度進んでいるからなのでしょうか。
ちなみに宣教師は日本でおこなわれる「人身売買」を止めようとしたのは事実です。まぁ、努力だけですが。

記録に個人名が残りにくいので、南蛮貿易の中の奴隷貿易事体、触れるのがタブーというか、正面から取り組んだ研究は少ないです。
ある学会で、世界的に非常に有名なドイツの東アジア海域史研究の先生が、若手のポルトガル人研究者の奴隷交易研究報告を「そんなものは存在しなかった」と大みえきって批判した現場に遭遇したことがあります。それくらい、認知度が低い問題なのは確かであります。
彼の研究は、奴隷の個人名、国籍、売買の経緯、年齢、買主など個々の事例をデータベース化したものにもとづいたものなので、いずれ誰が間違っていたか分かると思いますが。
ちなみにそのときに、報告者側の擁護発言をなさったのは、「朝貢システム」などの概念で有名な大御所のH先生でした。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2013-04-30 16:15

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など


by mihokodesousa1