世界ふしぎ発見見たけど

さきほど、たまたまテレビをザッピングしていたら、信長のカフル人奴隷弥助の話がテーマで、誰が監修したのかなと思いながら、最後まで見てしまいました。
あまりにひどい内容で唖然・・・。せっかくモザンビークまでロケに行くのなら、もっとまともな内容で作れなかったのかな。こういうのだから、16世紀の奴隷貿易研究の理解が進まないのだ・・・。
どうみても最近作られた感じの信長のデスマスクが、南蛮人宣教師に作られた可能性とは・・・。ひどすぎる。
これはさすがに研究者じゃなくても、視聴者を馬鹿にしています。
世界ふしぎ発見、旅行疑似体験ができるので、子供のころからわりと楽しみに見ていたけれど、自分の研究分野がテーマにされると憮然とする内容ということは、ほかのテーマのものも、専門の人から見ると噴飯ものであったりするのでしょうかね。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2013-06-08 22:19

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など