バチカンで近世豊後のキリシタン文書発見

自分も関わってはおりますが、これに関しては、やや事情が複雑なので、今のところは語れることがありません。大分県にとっては、まさに宝の山ですね。

大分合同新聞より抜粋

バチカンで近世豊後のキリシタン文書発見

[2014年01月25日]

 カトリックの総本山バチカンのバチカン図書館で2011年に見つかった約1万点の文書が、マリオ・マレガ神父(1902~78年)が大分地区在任期間(32~50年)に収集した近世豊後のキリシタン関係史料だったことが24日までに、人間文化研究機構(東京都港区)などの調査で分かった。マレガ神父は集めた文書を基にして「豊後切支丹史料」を刊行していたが、原本の所在は長い間不明だった。見つかった史料には同史料集未収録の膨大な文書も含まれていて、今後は禁教下の豊後キリシタンの研究が進むと期待される。

 史料は臼杵藩や岡藩などの藩庁文書、豊後各郡での踏み絵や宗門改などキリシタン禁制政策の実施状況、改宗した元キリシタンの縁者や子孫の動向を監視した「類族調べ」など。マレガ神父の文書整理や刊行に関わるイタリア語のメモなどもある。大分県立先哲史料館の職員らがバチカンを訪れて確認した。
 バチカン図書館と人間文化研究機構(代表機関=国文学研究資料館)、県立先哲史料館、東京大学史料編纂(へんさん)所が連携し、2014年度から「マレガ・プロジェクト」に本格的に着手。6カ年計画で文書目録の作成、写真画像撮影などによるデータベース化を進め、公開して研究利用できるようにする。
 バチカンから大分地区に派遣されていたマレガ神父は豊後キリシタン関連の文書を集めて1942年に「豊後切支丹史料」、46年に同続編を刊行した。同史料集に収められた文書は江戸時代初期から幕末までを網羅し、研究者の間では近世豊後キリシタン研究に必須の史料といわれていた。

 同機構によると発見された文書は、防虫のために保存袋にガスを入れた状態で密封され計21袋あった。マレガ神父が古書店などで購入し、第2次世界大戦中から戦後にかけて、バチカン図書館に送付したと考えられるという。同史料集収録の文書の原本は2袋に収納され、他の19袋には未収録の文書が入っていた。
 プロジェクト代表の国文学研究資料館研究主幹の大友一雄教授(アーカイブズ学)は「これほどの規模のキリシタン関連文書は国内では確認されていない。近世日本のキリシタン禁制は厳格な仕組みであり、世界的なキリスト教史研究にも活用できる」と話した。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2014-01-27 21:20

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など


by mihokodesousa1
プロフィールを見る
画像一覧