東洋史研究会

グローバル・ヒストリーやってないから、と言い張ってきましたが、今度のは、よりにもよって東洋史のオルトドクソの学会で完全にグローバル・ヒストリーみたいな話をします。題目からしてすでに浮いている感あり。平戸から京都へ瞬間ワープ。滞在日数2日間のポルトガル学会出張をこなしたばかりなので、たぶん乗り切れるはず。

2015年度 東洋史研究会大会

■日時:2015年11月3日(祝) 午前10時~午後5時(講演終了後、懇親会を予定しております) 
■会場:京都大学文学部新館第三講義室(二階)

発表題目
午前の部
田中 一輝「代北と中原――北朝の史学と正統観――」
阿部由美子「中華民國北京政府時期の清室優待條件と北京旗人社會」
吉澤誠一郎「中華民國袁世凱政権による國家儀禮の模索」
午後の部
杉山 雅樹「ティムール朝末期における支配者とイスラームの諸相」
高松 洋一「オスマン朝の敕令起草過程で作成される文書類型について」
岡 美穂子「十七世紀前半東アジア海域におけるスペイン・ポルトガル勢力の紛争と外交――マカオ事件(一六〇八)とアユタヤ事件(一六二八)をめぐって――」
村上 恭通「中國における銅鐵生産の期限と展開」
古畑   徹「金毓黻『渤海國志長編』の成立過程について」
森田 憲司「中國近世の「墓誌」について」
[PR]
by mihokodesousa1 | 2015-10-19 22:50 | 学会報告

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など