新年ご挨拶

昨年は新しい出会いもたくさんあり、充実した年だったように思います。
今年は担当史料集の出版の年なので、これがメインになりますが、好きなことを仕事にできるのは本当に有り難いことなので、頑張りたいと思います。
今年前半は、かなりの数の講演・原稿のご依頼をいただいております。講演は一日限りなので、なんとか泥縄でもこなしますが、原稿の方は、すでにかなり遅れ気味です。スミマセン・・・。
さしあたって大きなものは、3月にある南蛮漆器のシンポジウムとその翌週の石見銀山のシンポジウムでしょうか。石見銀山のものは、世界遺産指定10周年で、今年は島根県でも大規模な展示がおこなわれるので、そのPRになります。
また詳細が判明次第、アナウンスいたします。
講演の依頼は、マテリアル・カルチャーに関するものが多いですね。南蛮文化はやっぱり華やかなので、私も楽しんでお話させていただきたいと思います。
キリシタン史は研究者が、プロ・アマ含めて結構多いのと、大先生方がご活躍なので、なかなか私にまではまわってきません。まだ矢面に立つ覚悟がないので、これで良いのだと思います。
皆様の2017年が良い年でありますように。

私の地元 瀬戸内の海
e0210741_2312934.jpg

[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-03 23:14

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など