hontoではまだ買えます

アマゾンも紀伊国屋ネットも、売り切れ注文受付停止になってしまいましたが、『大航海時代の日本人奴隷』は、ジュンク堂・丸善系のhontoというサイトではまだ普通に買えます。それから、祈りが通じたのか(実際には「あの〜、重版の方、いかがでしょうか〜〜」と様子伺いを送ってみた)、重版決定したようです。でもアマゾンが品切れの間に、100人くらいは購入者を失ったにちがいない。多分、もうすぐネット書店にも在庫戻ると思います。
今日は、自宅近くのジュンク堂に行ったら、6冊置いてあった。うち平積になっていた4冊買ってかえり、平積用に、背表紙並べになっていたところから抜き出し、こっそり平積があった場所に2冊置いた。運悪く、横に店員がやってきて、一部始終を観察されていたが、構うもんか!自宅近くのジュンク堂は商業ビルの2階分を使っていて、選書のコーナーというのは、文庫・新書コーナーの奥の、何時間立ち読みしても誰にも気付かれなさそうな、いわゆる窓際にあった。売れている選書だけは、別フロアのレジ近く、「話題の本」コーナーにあった。選書って、微妙な扱いなんやな、ということを知った1日であった。

[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-06-20 22:55

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など