自分も関わってはおりますが、これに関しては、やや事情が複雑なので、今のところは語れることがありません。大分県にとっては、まさに宝の山ですね。

大分合同新聞より抜粋

バチカンで近世豊後のキリシタン文書発見

[2014年01月25日]

 カトリックの総本山バチカンのバチカン図書館で2011年に見つかった約1万点の文書が、マリオ・マレガ神父(1902~78年)が大分地区在任期間(32~50年)に収集した近世豊後のキリシタン関係史料だったことが24日までに、人間文化研究機構(東京都港区)などの調査で分かった。マレガ神父は集めた文書を基にして「豊後切支丹史料」を刊行していたが、原本の所在は長い間不明だった。見つかった史料には同史料集未収録の膨大な文書も含まれていて、今後は禁教下の豊後キリシタンの研究が進むと期待される。

 史料は臼杵藩や岡藩などの藩庁文書、豊後各郡での踏み絵や宗門改などキリシタン禁制政策の実施状況、改宗した元キリシタンの縁者や子孫の動向を監視した「類族調べ」など。マレガ神父の文書整理や刊行に関わるイタリア語のメモなどもある。大分県立先哲史料館の職員らがバチカンを訪れて確認した。
 バチカン図書館と人間文化研究機構(代表機関=国文学研究資料館)、県立先哲史料館、東京大学史料編纂(へんさん)所が連携し、2014年度から「マレガ・プロジェクト」に本格的に着手。6カ年計画で文書目録の作成、写真画像撮影などによるデータベース化を進め、公開して研究利用できるようにする。
 バチカンから大分地区に派遣されていたマレガ神父は豊後キリシタン関連の文書を集めて1942年に「豊後切支丹史料」、46年に同続編を刊行した。同史料集に収められた文書は江戸時代初期から幕末までを網羅し、研究者の間では近世豊後キリシタン研究に必須の史料といわれていた。

 同機構によると発見された文書は、防虫のために保存袋にガスを入れた状態で密封され計21袋あった。マレガ神父が古書店などで購入し、第2次世界大戦中から戦後にかけて、バチカン図書館に送付したと考えられるという。同史料集収録の文書の原本は2袋に収納され、他の19袋には未収録の文書が入っていた。
 プロジェクト代表の国文学研究資料館研究主幹の大友一雄教授(アーカイブズ学)は「これほどの規模のキリシタン関連文書は国内では確認されていない。近世日本のキリシタン禁制は厳格な仕組みであり、世界的なキリスト教史研究にも活用できる」と話した。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2014-01-27 21:20

NHKの取材

先日、NHKの方が取材に来られました。後でネットで調べると、かなり有名な番組だったようです。
とはいっても、提供したネタが番組になるかどうかは未知数ですが。

たまにNHKから電話がかかってきます。受信料の支払い督促とかではなくて。フロイス『日本史』の日本語訳を番組で使うのだが、原文から見直して欲しい、というのが多いです。そうすると、かなり重大な誤訳がみつかって、番組の中で使えなかったことも。
去年は、「大航海時代の船上の食事を再現したいので、データ提供を」というのもありましたが、私は食文化には無知なので、それに詳しい方に回させていただきました。
たぶん、お正月に放送していたTOKIOの「大航海ごはん」という番組になったのではないかと思います。
マカオ料理も取り上げられていましたが、ちょっと間違った表現が所々にありました。マカオ料理を取り上げるなら、取材して欲しかった~。

たぶん、ちょっとした情報・労働提供者用へのお土産というのがあって、NHKキャラの入ったお菓子、石鹸、タオル、紅茶セットなどをよくいただきます。一番高級だったのはTHERMOの魔法瓶。
性能が良いだけに、他のよりも高めなので、なかなか自分では買えないのですが、ドーモくん入りのをいただき、愛用しています。次回は「いないいいないばぁ」のグッズ希望・・・。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2014-01-24 23:32

岩波講座 日本歴史

岩波講座 日本歴史 近世1巻が発売されました。
恐れ多くも、拙稿も収載されております。自分としては地雷を踏む覚悟で書きましたが、ほぼ同時期に宮崎賢太郎先生の『カクレキリシタンの実像  日本人のキリスト教理解と受容 』(吉川弘文館)が発売され、目次を読むだに、かなり近い内容だと思うので、私のほうはそれほど革新的でもないことになります。実績も違いすぎる。
3月末までに、あと2本キリシタン関係の論文が刊行される予定。
ここ数年、育児の合間に執筆なので、書くだけで精一杯で、刊行後も抜き刷りや論文コピーはまったく周囲に配らず、自分でも読まないということが続いています。
3月から数ヶ月休職するので、総括のためにも、一度きちんとここ数年刊行したものを周囲にお配りしようと考えております。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2014-01-24 23:02

読売新聞で記事

本日1月16日付の読売新聞朝刊社会欄で、研究を記事にしていただきました。
今年の最重要課題に一応位置づけている、ソウザ氏との共著図書の中で発表する研究のごく一部が内容です。編纂業務がおおむね片付く2月以降、こちらの執筆に専念予定。

最近刊行された思文閣出版の中島楽章編『南蛮・紅毛・唐人―16・17世紀の東アジア海域―』には、ソウザ氏のアジア人奴隷に関する様々なケーススタディのうち、リスボンのユダヤ系豪商一族の女中として生涯を全うした中国人女性に関する論文が掲載されています。

ポルトガル人のアジア奴隷貿易全体像を描くには、まず具体的なイメージ創出のための、史料分析に基づく事例研究が基本だと思います。前近代の人の移動は、モノの移動よりも、数値的データが残りにくいので、まとまった研究にするのは、ホント難しい作業なのですが。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2014-01-16 11:29

7ヵ月ぶりに原稿を読む

現在、7ヶ月間放置してあった「大航海時代のアジア」がテーマの原稿120枚を読み直し中。完全に忘れ去っていたので、自分で書いたものとは思えず、意外と面白く読めます。インド洋、アフリカあたりの知識は付け焼刃なので、脱稿前に専門家に読んでもらう必要ありですが。
そういえば11月のCNRS=EHESSの会議は、国際環境に疎い私でも名前だけ知っている、ビッグネームが揃った会議で、小規模なプロジェクトミーティングであっただけに、それぞれの先生と仲良くなれた気がして、大変有益であったのですが、けっこうまだ「16世紀のポルトガル勢力によるアジア海上支配」の言説が根強いのに、新鮮な感動を覚えました。
パリ滞在時期に、ちょうどスブラフマニヤムのコレージュ・ド・フランス教授就任記念講演が重なり、ワークショップの主催者のご厚意で、「普通はフランスのアカデミーの偉い人しかもらえん入場券」というのを入手していただき、コレージュ・ド・フランスの立派な講堂で講演を聴くことができました。
意外にも、自分から国際会議などにエントリーするのは稀なので、本物のスブラフマニヤム先生を見たのは初めて。本に掲載される著者近影で想像していたより、小柄なおじいちゃんでした。
フランス語での講演で、理解不能かと思っておりましたが、使われている語彙がポルトガル語系のものが多く、フランス語をろくに勉強したことがないにもかかわらず、一応聴き取ることができました。
外国人、とくにアジア人がコレージュ・ド・フランスの教授に就任するのは、滅多にないことだそうで、メディアもたくさん来ておりましたし、そもそも会場にいる人が「ザ・アカデミー」という雰囲気で、盛装しているご婦人方も多く、単なる特別講義かと思って行った私はかなり場違いな雰囲気でしたが、貴重な体験でした。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2014-01-15 14:57 | 日々つれづれ

思文閣出版から論文二本

まもなく、中島楽章編『南蛮・紅毛・唐人 16・17世紀の東アジア海域』が思文閣出版から発売される模様です。定価7140円。

そして2月末には武田佐知子編『交錯する知―衣装・信仰・女性―』 も。

どちらも同じ編集者さんで、さらにもう一冊、出版時期未定の別の本も同じ編集者さんで、何の件で連絡しているのか、自分でも分からなくなる時がありました。昨今、論文集出版は敬遠される傾向にありますが、思文閣出版は、ふところが広い!
[PR]
by mihokodesousa1 | 2014-01-06 16:47

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など