『沈黙』は文学作品です

またもや、『沈黙』ネタです。
日経オンラインのこの記事を読みました。記事はこちら

『沈黙』のハリウッド映画版上映が騒がれ始めて以来、ずっと気分が落ち着きません。
今やっと、その原因に気づきました。
『沈黙』はその刊行以来、カトリックの神学者がムキになって反駁するなど、歴史的事実、そしてキリスト教の神に対する解釈の問題が取沙汰されてきました。

しかし、心を落ち着けてみれば、これは遠藤氏の文学作品(つまりフィクションかつ内なるものの発露)で、スコセッシ監督の映像化も、「虚構」なのです。
みなさん、いいですか~。これはドキュメンタリー映画ではないのですよ(自分にも言い聞かせる)。

遠藤氏の原作を読めば、ロドリゴの出身地からして、メキシコの町タスコなのに、ポルトガル人ということになっています。深読みして、当時新大陸に沢山いたコンベルソのポルトガル人一族出身だったとしても、そんな解説は作品中には出てきません。まぁ、出てきていたら、それはそれで大きな問題になっているでしょう。
実際には、来日したイエズス会士には結構コンベルソの人がいたので。あるめー様だけではありませんよ。
ついでに言っておけば、ある人が「日本に来ていた宣教師はみなヨーロッパのエリート」とおっしゃったとか。
そんな人もいたでしょうが、そうではない人もたくさんいました。つまりインドあたりでリクルートされて、商人から宣教師になった方々。彼等は言ってみれば俄仕立てですので、神学的素養が乏しく、発信する書翰も検閲にひっかかるような内容のことを結構書いてしまいます。検閲を経て出版されたのが、今みなさまが簡単に読める『16・7世紀イエズス会日本報告集』の元であるエヴォラ版なるものです。
キリシタンに関するまとまった情報源が、この「検閲後の」エヴォラ版しかないというのは、ある意味研究史上の不幸であると思います。しかも『16・7世紀イエズス会日本報告集』には、結構誤訳、意訳の行き過ぎなどがあり、二重の不幸が生じています。

話を戻すと、遠藤氏は最初から「これはフィクションですよ」とそこかしこで主張しているのです。
なのに多くの人が、モデルとなっている人々について多少の知識を持ち、巧みな遠藤氏の筆力によって、あたかも現実の再現であるかのようにとらえてしまう、という点が、おそらく遠藤氏の意図をはるかに超えて、社会的影響力へと繋がっているのでしょう。原作の発刊当時から、そして現在もまた再燃している問題には、歴史学者は距離を置いてお付き合いする必要があるのです。

とはいえ、私自身は、得失論は別として、「鎖国」は現代日本人のメンタリティに多大な影響を残していると考える人間ですので、あの時代のことを、今まで歴史に関心のなかった方が考える契機になってくれたら良いと思っています。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-31 16:04

本日、電撃ではないですが、世界的に有名なユダヤ学者ヤコヴ・ラブキン先生の訪問を受けました。
日本に研究滞在中で、今日は白金から自転車で東大まで来ようとしたのだが、途中で道に迷って自転車を放置してきた、、、という若者ぶりに、絶句。
潜伏キリシタンのことを知りたいということで、私の知っている範囲で色々情報提供させていただきました。
ラブキン先生とは、「シオニズムは正当なユダヤ教教義ではない」ことを論証した、歴史家としての信条の通りまくった方です。これを明言することの危険度は、想像を絶します。
カッコよすぎる!!!!世の中のトレンドに迎合しないで、自分の思ったことを主張しとおす、まさに学者として理想の姿です。週末の国際会議で初めてお会いした貴志先生も、歴史家として一本筋の通ったココロザシが、報告からもすごく伝わってきて、なんだかめちゃくちゃ感動しました。
「東大話法」に疲れ切っている今、こういう歴史学者として、欺瞞や圧力に屈しない、人間としても筋の通った方々との交流は、一筋の光のような気がします。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-30 23:03

南蛮漆器シンポジウム

先週末の報告では、「世界図屏風」について、先行研究も含めたベーシックな内容を海外の研究者の方々に聞いていただき、討論などをもとに自分の中での問題意識も刷新できたので、新たな目標をもって、取り組むことができそうです。
子育ても落ち着いてくると思う(願望!)数年後には、「南蛮文化」について、様々な専門(文献というより、マテリアルそのものの)研究をなさっている方を集めて、日本の歴史・文化における「南蛮」との接触を再評価する共同研究を実現したいと思っています。
必要な時に必要なお金が取れるように、自分の研究実績、ネットワークも蓄えておきたいと思います。
最近は美術・工芸の研究者の方々とのご縁もかなりできつつあるところで、こんなシンポジウムです。

東京文化財研究所主催
公開研究会「南蛮漆器の多源性を探る」 参加申し込みは直接東京文化財研究所のサイトから。

プログラム:
3月4日(土)
(開場:10時)
◎セクションⅠ:問題点の所在と設定
 10:35―11:15 小林 公治(東京文化財研究所)
 「南蛮漆器の多源性を探る 問題点の把握と提起」
◎セクションⅡ:南蛮漆器をめぐる歴史的・地理的背景
 11:15―11:55 岡 美穂子氏(東京大学史料編纂所)
 「ポルトガル古文献に見る南蛮漆器に関わるモノの記録
  -ガルシア・ダ・オルタ『インド薬草・薬物対話集』(1563)を中心に」
 13:30―14:10 宮里 正子氏(浦添市美術館)
 「古琉球期の漆文化~大交易時代にみえる漆芸について~」
 14:10―14:40 小林 公治・吉田 邦夫氏(東京大学総合研究博物館)
 「南蛮漆器の制作年代」
◎セクションⅢ:南蛮漆器の素材と技術
 (1)漆・接着剤
 15:00―15:40 本多 貴之氏(明治大学理工学部)
 「南蛮漆器に使われた漆・接着剤」
 15:40―16:20 吉田 邦夫氏(東京大学総合研究博物館)
 「Sr同位体分析による南蛮漆器の漆産地」(仮題)
 (2)木材
 16:20―17:00 能城 修一氏(森林総合研究所)
 「南蛮漆器に使われた木材」

3月5日(日)
 (3)貝・「鮫」皮
 10:35―11:15 黒住 耐二氏(千葉県立中央博物館)
 「南蛮漆器に用いられた貝類に関する予察」
 11:15―12:05クリスティヌ・グーテ氏(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館)
 「16世紀後半から17世紀前半の日本漆器に使われた「鮫」皮」
◎セクションⅣ:南蛮漆器の伝統性と外来性、影響と広がり
 13:20―14:00 末兼 俊彦氏(東京国立博物館)
 「17世紀における日本系金具について」
 14:00―14:50ウルリケ・ケルバー氏(エヴォラ大学)
 「南蛮漆器と密接な関係を持つ、インドおよび中国製のポルトガル・アジア様式漆塗り調度類」
 14:50―15:30神谷 嘉美氏(東京都立産業技術研究センター)
 「南蛮漆器を彩る金色線の形状と材質」(仮題)
◎セクションⅤ:総合討論
 15:50―16:55 総合討論(質疑応答・コメント)
[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-29 22:12

天正遣欧使節の番組作りのために、かなりヴァリニャーノの書いたものを勉強することになったのですが、やっぱり彼は未来から来た人、、、という感じです。日本で一応布教が「成功」したキーパーソンは何人もいる(史料にはあまり出てこない日本人修道士や同宿も)と思いますが、まぁヴァリニャーノの功績はやっぱり最大であろうかと思います。
キリスト教を弘めるための「適応主義」っていうのは、「人類みな平等」が原則の現代だと当たり前的なところがありますが、16世紀では、普通に暮らしていれば、なかなかたどり着けない発想です。
結局まだハリウッド版見ていませんが、『沈黙』の原作も、映画の方も、ヨーロッパ人宣教師が、ヨーロッパのキリスト教をそのまま植え付けようとした、という背景そのものが間違っていますので、そこはやっぱり一面的な認識だと思います。シンクレティズムになってしまったのは、受容した側だけの問題ではありませんので。
関心のある方は、ヴァリニャーノ『日本巡察記』を手に取っていただければ、当時のイエズス会が「異端」すれすれ、というかはっきり言って、ローマにとっては「完全に異端」なまでに、そして実際それがシンクレティズムをガンガン助長してしまうくらいに、日本の宗教文化に適合しようと苦心した様子が分かります。
ヴァリニャーノを検討する中で、カブラルが書いたものも色々読んだのですが、これはこれで、当時の神学を真剣に学んだ人なら、当前の発想という気がし、日本人研究者が感情むき出しに、カブラル批判するのも、世界や時代の思想を公平に見る視点に欠けている気がします。
ただカブラルの書翰は、自分の方針の自慢が多いので、ちょっと鼻につくっていうのはありますけど。
晩年にインド管区長になったってことは、イエズス会内部では評価されていたのだと思います。

色々批評を読んでいると、スコセッシ『沈黙』は、メインキャストの俳優さんたちの熱演と映像が素晴らしいらしく、それだけで、日本版をはるかに超えている、というのは分かりました。
日本版は、色々問題があるのですが、フェレイラ役の人が舞台演劇風に作りこんでやっているのに、主役のロドリゴが作りこんでなさすぎる、この不統一感が最大の違和感の理由なのかもしれない、と思う今日この頃です。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-23 23:23 | 研究余録

初めてスタジオ収録

今までも、歴史番組の中のちょっとだけコメントとか、考証のお手伝いはしてきたのですが、初めてスタジオに呼んでいただきました。

『英雄たちの選択』 NHKBSプレミアム 2月9日 20時~21時です。
テーマは、天正少年遣欧使節! メジャーすぎるテーマだけに今まで避けてきましたが、これまでほとんど知られていない帰国後の彼等に焦点を当てているところがポイントです。
内容的には、キリシタン史の通史っぽい話になっていると思います。『沈黙』ロードショーや、高山右近の列福などあり、タイムリーですね。

収録の日は長女のバレエの発表会で、朝からお弁当作り、出番まで楽屋付き添い、本番をみたら速攻で移動、と綱渡りの一日でしたが、ハイテンションだったためか、初めてのスタジオでも緊張することなく、ダラダラとおしゃべりしてきました。

『転がる香港に苔は生えない』の頃からファンの星野博美さん、以前にもこのブログで、今キリシタン史と言えば、この人が一押し!でとりあげさせていただいた、大橋幸泰さんという、嬉しいメンバーでした。
星野さんは、昨年『みんな彗星を見ていた』(文藝春秋)という、若桑みどり先生の『クアトロ・ラガッツィ』に迫るキリシタンの歴史ノンフィクションを刊行され、本当に素晴らしい内容で、圧倒されました。
司会の磯田さんと渡辺さんも気さくで、事前に他の回を何度も見ていたせいか、初めてあった人の気がせず、テレビ局の内部の雰囲気も、おのぼりさんとして楽しんできました。
NHKの建物内部そのものは、古めの役所、、、のようでした。お年寄りとか子供がたくさんいたのもあると思いますが。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-23 00:33 | 報道

GHCセミナー ご案内

頻繁に海外に出ていくのは、家庭の事情で難しいので、東京で良い機会があるときは、なるべくチャンスを生かそうと思ってエントリーしたものの、本務や原稿の締め切りやテレビ番組の準備などで、結局泥縄に・・・。
思っていたより、自分も含めて絵画史料の研究報告が多くなりそうですね。

GHC Seminar “Sources in Global History”

Tentative Program
Venue: Meeting Room, Third Floor, Institute for Advanced Studies on Asia,
the University of Tokyo
Maximum time for each presentation: 25 minutes
Short Q&A after each presentation and general discussion at the end of each
session

Day 1: Friday 27 January 2017
9:30 Opening Remark: HANEDA Masashi (Tokyo)

9:40-12:10 Session 1: Multiple Sources
Moderator: HANEDA Masashi (Tokyo)
Alessandro Stanziani (EHESS), “Multiple Archives and Pluralistic Sources
of Global History”
DONG Shaoxin (Fudan), “The Ming-Qing Dynastic Transition: A Global
Event based on Multinational Sources”
Vincent Houben (Humboldt), “Crossreferential Data as a Source for Global
History”

13:30-15:10 Session 2: Scale and Concept
Moderator: Andreas Eckert (Berlin)
Beth Lew-Williams (Princeton), “The Question of Scale in the History of
Overseas Chinese”
Lisa Hellman (Tokyo), “Finding the Story behind the Label, and Labeling It”

15:40-17:20 Session 3: Tokugawa Japan
Moderator: Jeremy Adelman (Princeton)
Federico Marcon (Princeton), “Interpreting Tokugawa-period Sources for a
Global History of Science: a Semiotic Approach”
OKA Mihoko (Tokyo), “Geographical Description about Asia on the Map
Screen (Sekaizu Byobu) in Edo Period”


Day 2: Saturday 28 January 2017

9:00-10:40 Session 4: Map
Moderator: Sheldon Garon (Princeton)
Marc Elie (EHESS), “The Earth Sciences Go Global: Classifying and
Mapping the Soils of the World in the Cold War”
SUGIMOTO Fumiko (Tokyo), “Modern Nautical Charts and National
Territories”

11:00-12:40 Session 5: Sources and a Region
Moderator: Alessandro Stanziani (EHESS)
Andreas Eckert (Humboldt), “Local Labor and Global Labor. Reading
Sources for African Labor History in a Global Perspective”
TSUJI Asuka (Kawamuragakuen-Tokyo), “Syriac Studies (Middle Eastern
Christianity) in the Context of Global History”

14:00-15:40 Session 6: Non-textual Sources
Moderator: HANEDA Masashi (Tokyo)
DENG Fei (Fudan), “Diffusion and Assimilation: Some Thoughts on Using
Visual and Material Culture in Global History”
OTA Atsushi (Keio-Tokyo), “Voice of History, Competition of Tradition: Oral
Sources and History (Re)creation Movements in West Kalimantan,
Indonesia”

16:00-17:40 Session 7: Visual Sources
Moderator: Jeremy Adelman (Princeton)
KISHI Toshihiko (Kyoto-Tokyo), “Visual History Studies in Global
Perspective”
Sheldon Garon (Princeton), “Writing Modern Transnational History through
Visual and Archival Sources”
[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-22 23:55 | 学会報告

新年ご挨拶

昨年は新しい出会いもたくさんあり、充実した年だったように思います。
今年は担当史料集の出版の年なので、これがメインになりますが、好きなことを仕事にできるのは本当に有り難いことなので、頑張りたいと思います。
今年前半は、かなりの数の講演・原稿のご依頼をいただいております。講演は一日限りなので、なんとか泥縄でもこなしますが、原稿の方は、すでにかなり遅れ気味です。スミマセン・・・。
さしあたって大きなものは、3月にある南蛮漆器のシンポジウムとその翌週の石見銀山のシンポジウムでしょうか。石見銀山のものは、世界遺産指定10周年で、今年は島根県でも大規模な展示がおこなわれるので、そのPRになります。
また詳細が判明次第、アナウンスいたします。
講演の依頼は、マテリアル・カルチャーに関するものが多いですね。南蛮文化はやっぱり華やかなので、私も楽しんでお話させていただきたいと思います。
キリシタン史は研究者が、プロ・アマ含めて結構多いのと、大先生方がご活躍なので、なかなか私にまではまわってきません。まだ矢面に立つ覚悟がないので、これで良いのだと思います。
皆様の2017年が良い年でありますように。

私の地元 瀬戸内の海
e0210741_2312934.jpg

[PR]
by mihokodesousa1 | 2017-01-03 23:14

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など