長女が卒園

帝王切開したての腹痛を抱えて、役所に保育園入園申込書を取りにいったという記憶が新しい長女の保育園生活ですが、このほど無事終わりました。その間、アクロバティックに3回引っ越ししたので、最初に生後3か月弱で入園した公立保育園とは違う保育園ですが、私立の認可保育園で、カリキュラムが幼稚園以上!という評判のところだったので、どんどん新しいことに挑戦したい年中・年長児にはとてもよかったと思います。あと、市町村の違いかもしれないけれど、土曜保育が、口頭で「今週土曜日、お願いします!」と伝えるだけっていうのが、公立の保育園と大違いでした。公立保育園だと、「土曜に働く理由書」みたいなものを、「上司のサイン付き」で提出しないといけなかったので、ほとんど利用する気になれませんでした。今の保育園に転園後も、ずっとそういう書類を求められるんだと思っていたので、今年になって1回利用しただけでしたが、何も提出を求められませんでした。しかも子供も、「土曜は人が少なくて、市販の美味しいおやつ(ふつうは手作りおやつ)が出るから、もっと行きたい!」という、土曜に預けたらご機嫌悪くされる、という想像とも全然違いました。土曜日に研究会や講演なども入りがちなので、研究者母には、公立よりも私立認可保育園の方が、メリットが大きいかもしれません。
[PR]
by mihokodesousa1 | 2018-03-20 12:09

南蛮貿易、大航海時代、マカオ、長崎など


by mihokodesousa1
プロフィールを見る
画像一覧